センサーデータを収集するIOTデバイスとしては、無線利用が一般的になっています。その一つがwi-sunで、対応無線モジュールは様々な分野で活躍が期待されています。IOTというワードが社会的にも広く浸透してきており、製品開発においてもIOT対応機器を念頭にすることが多くなっています。IOT対応の場合は、センサーデータの収集方法をはじめ、クラウド送信のIOT-GW、そしてクラウド側アプリケーションなど、全体システムの検討が必須となります。但し、有線通信では多大な工数やコストがかかることになり、管理にも相当な労力を要します。それに対して、無線通信の場合は、コストや労力の面で優れた解決策を提供できるようになります。その方法には2通りあり、その一つが無線チップを搭載して、周辺回路を含め自社設計する方法です。もう一つが、専用機器を使う方法で、予め無線チップと周辺回路が小型の基盤に実装されています。

無線チップと周辺回路が実装されている

wi-sunをはじめとする無線モジュールには、無線チップと周辺回路が基盤に予め実装されていますが、さらにソフトウェアまで搭載されていることが殆どです。無線チップを自前で設計・調達するのに比べて、労力やコストを大幅に削減できるメリットがあります。何よりも、難しい無線特性のチューニングが不要になるので、特別な技術やエンジニアを養成する必要がないわけです。また、無線機器の開発では、通信プロトコルのシステム開発や評価ツール開発等も必要になり、それを自前で行うとなると膨大な工数とコストがかかってしまいます。一方、無線機器の開発メーカーは、開発用ツールのボードや評価ツールを提供しており、自社で無線の送受信試験や無線飛距離試験などを容易に行うことが出来ます。

扱うデータの容量で使用する無線帯が分れる

日本国内で電波を使った機器を開発するには、電波産業会が規定している標準規格を順守する必要があり、同時に、技術基準適合証明(技適)の取得も必須となります。無線モジュールは、技適が取得されているので、開発工数の削減及び開発期間の短縮につながります。当機器をIOTデバイスに利用するには、データの種類に応じて、無線帯域を選択する必要があり、映像や音声などの比較的大容量の場合は2.4GHzの無線帯が適していると言えます。この無線帯はブルートゥースやWi-Fiでも使われています。それに対して、容量の小さなデータを効率よく広範囲に収集する場合は、920MHzの無線帯が適していることになります。これを利用しているのがwi-sunモジュールで、最近、特に利用が増えています。電波到達性に優れており、障害物迂回性向が高いことが特徴です。